ワンズ・ホーム株式会社

スタッフブログ
STAFF BLOG

増税前にお家を買うと得なの?損なの?

こんにちわ!

ハウスドゥ三津店で不動産を担当してる高須賀です。

 

いよいよ消費税増税まであと半年と迫ってきました。

2014年の消費税増税時には、増税前の駆け込み需要、増税後の反動減によって日本経済に大きな影響を与えました。

特にお家を買うとなると、2%の影響は大きいです・・・。

 

ニュースでも取り上げられているように、駆け込みや反動減をできるだけ平準化するために

国は4つの支援策を実施します。

 

①住宅ローン減税の控除期間を3年間延長。

②住まい給付金の給付額を最大50万円に拡充。

③あらたな住宅ポイント制度の創設。

④贈与税非課税枠を最大3000万円に拡大。

 

既にご存じの方も多いと思いますが、増税前と増税後で比較してみるとどうなるでしょう・・・。

 

下記のような例だと、どうなるでしょう・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Aさんは、5000万円の建売新築の戸建て(認定住宅)を、頭金1000万円、住宅ローン4000万円で購入します。

消費税8%の時期と10%の時期を比較してみると・・・

 

 

 

 

 

 

 

10%の時期に購入すると増税分で建物部分の消費税が2%分の48万円増えます。

一方、住宅ローン減税は約396万円で、住まい給付金を10万円受け取れます。

比較をすると、10%増税した方が10万円だけお得になります。

さらに、③の住宅ポイント制度や④の贈与税非課税枠を受けられればメリットが拡大しそうです。

 

これはあくまでも1つの試算にすぎませんので、人によってはメリットが出ないかもしれないです。

しかし、増税後の購入でのデメリットは少ないように思います。

 

人生最大の買い物ですので、資金計画をしっかり考えたうえで、「買い時」を一緒に考えていきましょう!

category : お知らせ | posted at 2019.3.29

お客様一人ひとりの想いに寄り添い、快適な住まいをご提案します

ワンズ・ホームのスペシャリスト集団が、あなたの想いの実現に向けて誠心誠意サポートいたします