ワンズ・ホーム株式会社

リフォームメニュー
REFORM MENU

内 装

床が沈んだり、きしんだりしていませんか。それはもしかしたら構造の問題点を告げるサインかもしれません。クロスが浮いたり、剥がれたりしていませんか。内装の劣化は見た目が悪いだけでなく、深刻な状態を物語っているケースもあるので見逃さないでください。

概算費用
要相談
  • 和室を洋室に変えたい
  • 空間の雰囲気を変えたい
  • 消臭や調湿効果のある素材を使いたい
  • 造り付けの棚を設けたい
  • 照明を新しくしたい

床の沈みやクロスの剥がれはありませんか?

内装は使用素材や部分などによってリフォーム時期にバラつきがありますが、築10年~15年が一つの目安です。15年を過ぎたお宅から「床の一部が沈む」というご相談が寄せられます。これはフローリングの劣化が原因の場合もあれば、根太(床板を支えている構造部分)の腐朽やシロアリ被害が原因のこともあります。
 
特に心配なのは構造に影響を及ぼす可能性がある根太の腐朽やシロアリ被害です。床に沈みや軋みを感じたら、その原因を調べて適切な補修等を行うことが大事です。クロスの剥がれは雨漏りやカビ、家の歪みが原因の場合もありますので放置しておくのは危険です。クロスの継ぎ目が線で見えるようになったら「そろそろ貼り替えを」のサインです。

イメージチェンジしたいと思いませんか?

床や壁の汚れや傷が目立つようになると、お気に入りだった空間も内装の古さが気になり始めるものです。そうなったら、リフォームを検討するタイミング。
 
汚れや傷の補修をするだけでリフレッシュしますが、クロスや床を貼り替えて空間のイメージを変える、和室から洋室に変更、クロスから塗り壁にする、というようなリフォームも選択肢の一つです。「お気に入り感」が薄れてきたり、好みの雰囲気が変わったりしたら、リフォームの見極めどきでしょう。

お客様一人ひとりの想いに寄り添い、快適な住まいをご提案します

ワンズ・ホームのスペシャリスト集団が、あなたの想いの実現に向けて誠心誠意サポートいたします